kimizuy

kimizuy blog

Next.js × Firebase Authentication × Vercel で認証アプリをお手軽に作ってデプロイする

#next #firebase #vercel
published at

本記事は次の技術を利用して、メールアドレスによる認証アプリをデプロイ(公開)するまでの流れをまとめたものである。

  • Next.js

  • Firebase

  • Vercel(本記事で Vercel と連携する Git クライアントは GitHub です。自身の環境で適宜、読み替えてください。)

実際のサンプル

Next.js が用意してくれている examples の with-firebase-authentication を利用し認証アプリをデプロイするまでを説明する。この雛形を使うため内容量としては Firebase : Vercel : Next.js = 7 : 2 : 1 くらいの比率になる。サービスやツールに全依存すればだいたいコピペとクリックでいけるぞ!

前提条件

  • 基本的な Git の操作ができること

  • Firebase や Vercel アカウントを持っていること

  • 本記事では Firebase から取得する private key や project id 等をまとめて「環境変数」と呼ぶ

Firebase の設定

Firebase にプロジェクトを追加する

「プロジェクトを追加」をクリック。

適当なプロジェクト名を入力して続行をクリック。ここでは「next-firebase-auth-sample」としている。

今回はサンプルアプリの作成のみなので、Google アナリティクスは無効にする。「プロジェクトを作成」をクリック。

少し待つとプロジェクト作成が完了する。「続行」をクリック。プロジェクトの追加は以上となる。

Sign-in method でメール認証を有効にする

Firebase Console を開き、先ほど追加したプロジェクトを選択する。

Authentication > Sign-in method > メール / パスワード とクリックしていき、メール認証のステータスを有効化する(メールリンクは無効のまま)。

環境変数を取得する (1/2)

Next.js プロジェクトと連携するため Firebase から必要な環境変数(private key 等)を取得していく。

設定(歯車マーク) > プロジェクトを設定 と進む。

サービスアカウントタブ で「新しい秘密鍵の生成」をクリック。private key などが記された JSON ファイルがダウンロードされる。

環境変数を取得する (2/2)

プロジェクトにアプリを追加する。プロジェクトを設定 > 全般 > マイアプリ と進み、「</>」(Web)アイコンをクリック。

適当なアプリ名を入力してアプリを登録する。Vercel でホスティングするので Firebase Hosting は不要。

var firebaseConfig = {...} の値を使う。以上で環境変数の取得は完了。

Next.js プロジェクトのローカル環境変数を設定する

ローカルの開発環境で認証アプリを動かすための設定をしていく。事前に以下の 2 点を済ませる。

  • with-firebase-authentication を create-next-app して Next.js プロジェクトを作る。

  • このプロジェクトを自分の GitHub リポジトリにプッシュしておく.

.env.local ファイルに取得した環境変数を設定する

.env.local ファイルはローカルの開発環境で Firebase Authentication と連携するための環境変数設定ファイル。このファイルに環境変数を設定すれば Next.js が自動で読み込んでくれる。

※ .env.local ファイルは公開厳禁。テンプレートではすでに gitignore されているため、とくに作業は不要。

まず .env.local.example ファイルをコピーして .env.local ファイルを作る。それぞれ対応する値を設定していく。

JSON ファイルからは project_id, private_key, client_email を利用する。var firebaseConfig = {...}からは apiKey, authDomain, databaseURL を利用する。""内の値をそのままコピペ。

環境変数を設定し終わったらyarn devを実行し、ローカルでメール認証ができるかどうか確認してみる。

認証が上手くいかない場合は、環境変数が正しく設定できているか再確認する。.env.local ファイルの値を変更するとyarn devを実行し直す必要があるので注意。

Vercel にデプロイする

Vercel で環境変数を設定する

Vercel で「Import Project」して事前に用意しておいた GitHub リポジトリを連携する(ここでの設定はとくにないので Continue 連打で良し)。

これで認証アプリが Web 上に公開されたが、このままでは認証機能は使えない。Vercel 上で環境変数を設定する(environment variables)。

先ほど公開したプロジェクトの Settings > Environmental Variables と進む。.env.local ファイルと同じ内容をひとつずつ追加していく。

すべて設定し終わってプロジェクトが Rebuild されるのを待つ。これで Vercel の設定は完了。

YOUR_PROJECT_NAME.vercel.app 等にアクセスして認証機能が使えるか確認する。

以上!

指摘や不明点があれば筆者のTwitterまでおねがいします。